山陰本線

福知山駅

福知山駅にて381系3本と287系、KTR8000形、特急列車5本が並ぶ
360度パノラマを表示する [2015.9]

福知山駅に並んだ5本の特急列車のパノラマ。287系「きのさき」から右回りに、381系「こうのとり」・「きのさき」・「こうのとり」回送、京都丹後鉄道のホームにはKTR8000形、天橋立行きの特急「たんごリレー」。381系は2015年10月30日に運用を終え、289系が投入された。

“山陰本線” の続きを読む

福井鉄道

越前武生駅

越前武生駅で並ぶ200形
360度パノラマを表示する [2012.2]

福井駅周辺の併用軌道もある福井鉄道福武線を朝夕のラッシュ時を中心に走っていた200形。乗降用にドア開閉と連動する折りたたみ式のステップが装着されていた。旧福鉄標準色(右)の201編成が1960年、福鉄急行色(左)の203編成が1962年に製造された福井鉄道発注の車両だった。

“福井鉄道” の続きを読む

阪堺電車

住吉公園駅 (モ606)

2016.1.31に廃止された阪堺電車住吉公園駅
360度パノラマを表示する [2015.9]
画面上のサムネイルや矢印でパノラマを切り替えられます。

阪堺電気軌道上町線の住吉 – 住吉公園間。わずか200mの距離だったが、線路設備の老朽化のため2016年1月31日に廃止された。運行系統が変わった2014年3月のダイヤ改正以降、住吉公園駅を発着していた列車は朝の数本のみで、日本一早い「終電」として知られていた。1913年に開業した駅のホームには、戦時中からあるという防火水槽が残っていて金魚が泳いでいた。

“阪堺電車” の続きを読む

宇野線

宇野駅

宇野駅で並ぶ115系D-10編成とD-03編成
360度パノラマを表示する [2014.8]

岡山駅 – 宇野駅間を結ぶ宇野線(32.8km)。途中の茶屋町駅で瀬戸大橋線(本四備讃線)と分岐し、宇野駅までは列車の本数も少なくなる。1988年4月の瀬戸大橋開業まで本四連絡の玄関口としてにぎわった宇野駅だが、宇高連絡船廃止後は駅舎移転や駅前の再開発を経て現在の姿に。広かった駅構内は整理され1面2線の小さな終着駅となった。

越美北線

九頭竜湖駅

九頭竜湖駅に停車中の首都圏色キハ120-201。
360度パノラマを表示する [2014.3]

福井駅のとなり、越前花堂駅から九頭竜湖駅間(52.5km)を走る越美北線。もとは岐阜県側の越美南線(長良川鉄道)と結ぶ計画だったが実現せず、県境の九頭竜湖駅 – 北濃駅間(約24km)は未成線となった。春先の終着駅は大雨で、駅前もひっそりとしていた。

万葉線

高岡駅前 – 2015年1月

大雪の高岡駅前を行くデ7073
360度パノラマを表示する [2015.1]

高岡駅前を行くデ7073。2014年3月に新しい駅ビル(クルン高岡)が完成し、万葉線は100mほど路線が延長され、この場所にあった駅前電停は駅ビル1階へ移転した。

“万葉線” の続きを読む

城端線

城端駅

城端線の終着駅、城端駅
360度パノラマを表示する [2012.2]

高岡駅 – 城端駅(南砺市)を結ぶ城端線(29.9km)の終着駅。砺波平野を走る車窓は、屋敷林に囲まれた家々が点在する散村風景が続いてとても興味深い。2012年は大雪の年で木造駅舎も重たそうだった。ここから五箇山・白川郷方面の路線バスも出ているので、いつか乗ってみたい。

“城端線” の続きを読む

氷見線

氷見駅

氷見駅に停車中のキハ47 1091
360度パノラマを表示する [2013.1]

高岡駅 – 氷見駅(氷見市)を結ぶ氷見線(16.5km)の終着駅。もとは中越鉄道という私鉄が開通させた砺波地方と伏木港を結ぶ路線で、国有化後に城端線と氷見線となった。途中、雨晴海岸沿いの車窓は富山湾の向こうに立山連峰が望めるはずだが、今まで一度もくっきり見えた記憶がない…。日中は1両の気動車が往復しているが、学生で混み合う朝夕は4両編成にもなる。ちょうど通学時間が過ぎた折返し列車はガラガラになった。

関連パノラマ

北陸本線

倶利伽羅駅

倶利伽羅駅を発車する475系
360度パノラマを表示する [2014.3]

石川・富山県境の倶利伽羅峠。駅は石川県側にあり、北陸新幹線開業後は「IRいしかわ鉄道」と「あいの風とやま鉄道」の境界駅となった。

“北陸本線” の続きを読む

紀州鉄道

御坊駅

キハ603。御坊駅0番線で聴こえたDMH17サウンド
360度パノラマを表示する (♪2:00) [2009.10]
御坊駅の2パノラマを切り替えて表示できます。

和歌山県御坊市を走る紀州鉄道は、紀勢本線と接続する御坊駅と西御坊駅を結ぶ全長わずか2.7kmの非電化路線だ。キハ603は1960年新潟鐵工所製の車両で、1975年に廃止された大分交通耶馬渓(やばけい)線から転入した。床下排気のDMH17Bエンジン、バス窓が並ぶ車体側面、板敷きの車内に白熱灯、キハ603は最後まで残った古典的な気動車だった。製造から49年、紀州鉄道で34年間活躍し2009年10月に引退した。

“紀州鉄道” の続きを読む