寝台特急 日本海

弘前駅 (♪3:00)

奥羽本線弘前駅にて寝台特急日本海
大阪行きの「日本海」。発車メロディー「津軽じょんがら節」のあと、EF81の汽笛が聴こえて列車はゆっくりとホームを離れて行った。最後尾の電源車カニ24は薄っすらと雪化粧。上下列車のパノラマを切り替え表示することができます。
360度パノラマを表示する (♪3:00) [2010.11]

“寝台特急 日本海” の続きを読む

大糸線

根知駅 キハ52列車交換 (♪4:20)

大糸線根知駅にてキハ52-115とキハ52-125の列車交換風景
キハ52-115とキハ52-125の交換風景。南小谷行き(キハ52-115)が先に到着し、再び構内踏切が鳴り始めると警笛が聞こえ糸魚川行き(キハ52-125)がやって来る。同時収録の走行音も再生できます。
360度パノラマを表示する (♪4:20) [2009.11]

“大糸線” の続きを読む

北陸本線

倶利伽羅駅

倶利伽羅駅を発車する475系
石川・富山県境の倶利伽羅峠。駅は石川県側にあり、北陸新幹線開業後は「IRいしかわ鉄道」と「あいの風とやま鉄道」の境界駅となった。
360度パノラマを表示する [2014.3]

“北陸本線” の続きを読む

糸魚川駅 (2007 – 2015)

糸魚川駅 360° Virtual Tour

糸魚川駅(2007→2015)360度バーチャルツアー
2007年3月から2015年1月に撮影した糸魚川駅の360度パノラマVRツアーです。かつてあったレンガ車庫や北陸本線の特急列車、大糸線のキハ52(115,125,156)など北陸新幹線開業前までの遷り変りです。画面上部の「サムネイル」や左右の「ボタン」で風景の切り替え、「サウンドボタン」のあるパノラマは走行音も再生することができます。
360度バーチャルツアーを表示する

以下は個別のパノラマとキャプションです。

“糸魚川駅 (2007 – 2015)” の続きを読む

富山地方鉄道

西魚津駅 (本線)

富山地鉄と北陸本線
中滑川駅 – 新魚津駅間は、旧北陸本線(→あいの風とやま鉄道)滑川駅 – 魚津駅と並走していて、どちらに乗っても車窓が楽しい。地鉄の電車は越中中村駅を出ると早月川の鉄橋を渡り北陸本線と交差して西魚津駅に到着する。この先は電鉄黒部駅手前で再び北陸本線と交差するまで地鉄が海側を走る。宇奈月温泉行きの普通列車(14760形)が到着すると、金沢行きの特急「はくたか」が雪煙をあげて通過していった。
360度パノラマを表示する [2013.1]

“富山地方鉄道” の続きを読む

広島電鉄

広島港

広島港電停に並ぶ路面電車とGreen mover max
紙屋町で本線と分岐する宇品線の終点、広島港。Green mover max(5100形)の前で。屋根が高く開放的な電停に新旧、単行車・連接車、さまざまな路面電車が次々とやって来る。隣接する広島港旅客ターミナルからは近郊航路のほか、松山行きのフェリーも出ている。
360度パノラマを表示する [2012.8]

“広島電鉄” の続きを読む

木次線

備後落合駅 (♪ 1:20)

備後落合駅を発車する「奥出雲おろち号」
出雲市駅からトロッコ列車「奥出雲おろち号」に揺られて3時間半、木次線の終着駅、備後落合に着いた。木次線は宍道駅(島根県松江市)と備後落合(広島県庄原市)を結ぶ81.9kmのローカル線である。中国山地を越えるため急勾配と急カーブが連続していて、途中の出雲坂根駅には3段スイッチバックが存在する。終点の備後落合駅で芸備線と接続しているが、両線とも陰陽連絡路線の役割はもはや無く1日数本ずつ列車が走るのみ。「奥出雲おろち号」で備後落合に着いた乗客は大半が折り返し列車へと戻り、残りの乗客は2番線の芸備線に乗り換えた。
パノラマ画面内の「サウンドボタン」をタップするとDE15 2558の汽笛・走行音を再生することができます。
360度パノラマを表示する [2012.8]

伯備線

伯耆大山駅 (♪ 1:35)

伯耆大山駅を発車するEF64 61
EF64が独特の甲高いブロワー音を響かせて発車するシーン。伯備線の貨物列車には勾配線区用のEF64のうち数少なくなった0番台車が2013年3月末まで運用についていた。山深くカーブも多い伯備線は最後の舞台にふさわしかったように思う。パノラマ画面内の「サウンドボタン」をタップすると走行音も再生することができます。
360度パノラマを表示する [2012.8]

EF64 18(勝沼ぶどう郷駅前にて静態保存)のパノラマ

水島臨海鉄道

三菱自工前 (キハ204+キハ208)

三菱自工前にてキハ204+キハ208
倉敷市の水島臨海工業地帯を走る水島臨海鉄道。線路はとなりの倉敷貨物ターミナルまで続いているが、旅客列車は三菱自工前駅が終点で、駅名の三菱自動車水島製作所の敷地が北側に広がっている。夕暮れ時、車両基地がある貨物駅の方からキハ208とキハ204がやって来た。キハ20形は2014年まで平日の朝夕に運行されていた。
360度パノラマを表示する [2012.10]

寝台特急 サンライズ瀬戸・出雲

岡山駅

琴平駅に到着したサンライズ瀬戸
山陽本線岡山駅にて。東京行きの「サンライズ瀬戸」と「サンライズ出雲」の併結作業。
360度パノラマを表示する [2016.9]

“寝台特急 サンライズ瀬戸・出雲” の続きを読む