阿佐海岸鉄道

甲浦駅

阿佐海岸鉄道甲浦駅にてASA-100形
阿佐海岸鉄道阿佐東線は、海部駅 – 宍喰駅 – 甲浦駅の3駅、8.5kmの路線で、牟岐線の末端区間でもある。もとは現在の土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線(阿佐線)奈半利駅と繋ぐ、なんとも壮大な建設計画で高架の線路は室戸方面に切れている。甲浦駅は高知県だが、宍喰、海部駅方向に見えるトンネルを抜けると徳島県に入る。この日は未成線の区間を辿るように奈半利駅から路線バスに乗って甲浦駅へと移動してみたのだが、途中下車した室戸岬から甲浦駅、列車に乗り換えて海部駅まで乗り降りが一切無く、とても寂しい乗車時間だった。
360度パノラマを表示する [2012.10]

牟岐線
土佐くろしお鉄道

土佐くろしお鉄道

宿毛駅 (中村・宿毛線)

中村・宿毛線宿毛駅にてTKT8000形と2000系
土讃線窪川駅から延びる中村・宿毛線の終着駅。中村線は窪川駅 – 中村駅間で国鉄(のちJR)中村線(43.0km)を引き継いだ路線、1997年に開業した中村駅 – 宿毛駅間が宿毛線(23.6km)だが、もとは予讃線宇和島駅と中村駅とを結ぶ構想だったため宿毛線の起点は宿毛駅になる。2005年には特急列車が衝突事故を起こしたが、その関係か列車は駅手前からずいぶんと減速して到着した。時間がなかったので折り返しの特急「南風」でとんぼ返りになってしまったが、いつか大分県佐伯行きのフェリーで九州へ渡るか、宿毛線の未成区間を宇和島駅まで路線バスに乗って移動してみたい。
360度パノラマを表示する [2011.9]

“土佐くろしお鉄道” の続きを読む

万葉線

高岡駅前 – 2015年1月

大雪の高岡駅前を行くデ7073
高岡駅前を行くデ7073。2014年3月に新しい駅ビル(クルン高岡)が完成し、万葉線は100mほど路線が延長され、この場所にあった駅前電停は駅ビル1階へ移転した。
360度パノラマを表示する [2015.1]

“万葉線” の続きを読む

熊本電気鉄道

5000系(青ガエル) 360° Virtual Tour

熊本電鉄5000系青ガエルを記録した360度パノラマバーチャルツアー
熊本電鉄5000系(5101A・5102A)青ガエルが走っていた上熊本駅 – 北熊本駅間(3.4km)、全6駅の360度パノラマツアーです。パノラマ画面内の矢印やサムネイルで駅や場面を切り替えられます。
360度バーチャルツアーを表示する

以下は個別の駅パノラマとキャプションです。上熊本駅→北熊本駅の順で並んでいます。

“熊本電気鉄道” の続きを読む

紀州鉄道

御坊駅 (♪2:00)

キハ603。御坊駅0番線で聴こえたDMH17サウンド
和歌山県御坊市を走る紀州鉄道は、紀勢本線と接続する御坊駅と西御坊駅を結ぶ全長わずか2.7kmの非電化路線だ。キハ603は1960年新潟鐵工所製の車両で、1975年に廃止された大分交通耶馬渓(やばけい)線から転入した。床下排気のDMH17Bエンジン、バス窓が並ぶ車体側面、板敷きの車内に白熱灯、キハ603は最後まで残った古典的な気動車だった。製造から49年、紀州鉄道で34年間活躍し2009年10月に引退した。
360度パノラマを表示する (♪2:00) [2009.10]

“紀州鉄道” の続きを読む

南海電鉄

浜寺公園駅

1907年に建築された浜寺公園駅の木造駅舎
1907年に建築された木造駅舎。日本銀行本店(1896年)や東京駅(1914年)を手がけた辰野金吾の事務所が設計した。周辺の立体交差事業により2016年1月27日を最後に役目を終える。今後は新駅舎のエントランス部として保存活用される予定。この日は東羽衣駅から浜寺公園駅へ歩いてみた。駅前はすでに区画整理が進んでいたが、現役時代の木造駅舎を訪問することができて良かった。
360度パノラマを表示する [2014.9]

“南海電鉄” の続きを読む

島原鉄道

島原外港駅

終着駅になった島原外港駅に停車中のS-DC2551A
2008年に島原外港 – 加津佐駅(35.3km)の「南線」区間が廃止され、ここが終着駅になった。錆びたレールの先が草むしていて寂しい。2010年には失火で駅舎が焼失し今の形になった。駅名の島原外港は近く、徒歩で熊本港行きのフェリーや三池港行きの高速船に乗り換えることができる。
360度パノラマを表示する [2014.9]

“島原鉄道” の続きを読む

御殿場線

裾野駅

裾野駅で交換する371系とRSEあさぎり(20001F)
富士山の見える裾野駅にて特急「あさぎり」5号と6号の交換風景。沼津行きの5号が小田急ロマンスカー20000形(RSE)、新宿行きの6号がJR東海371系だ。両形式とも2両のダブルデッカーを組み込んだ異色の編成で、1991年から2012年まで新宿 – 沼津間を相互直通運転していた。2012年3月17日のダイヤ改正で「あさぎり」の運転区間が新宿 – 御殿場間へと短縮され、371系とRSEも引退した。その後、2018年3月17日のダイヤ改正で列車名が「あさぎり」から「ふじさん」へと変更された。
360度パノラマを表示する [2011.10]

小田急ロマンスカー

津軽鉄道

津軽五所川原駅 キ101

津軽五所川原駅のキ101とキハ22
キ101(国鉄キ120)は1933年鉄道省大宮工場製造の雪掻車で、1967年津軽鉄道に譲渡された。撮影当時(2008年)は構内に留置された状態だったが、その後は主にイベント用として本線走行もしているようだ。プラットホームを挟んでJR五能線側には廃車になったキハ22(キハ22027-キハ22029)とタム501が並んでいた。
360度パノラマを表示する [2008.9]

津軽五所川原駅 (♪1:00)

津軽五所川原駅を出発する津軽21-102
沿線の金木駅は太宰治の生まれ故郷。津軽21形には「走れメロス」の愛称がつけられ、木造の有蓋貨車ワム5にも小説「津軽」から芦野公園の一節が書かれている。上のパノラマと切り替えて表示できます。
360度パノラマを表示する [2008.9]

“津軽鉄道” の続きを読む

三木鉄道

三木駅 (♪1:02)

三木鉄道三木駅。ミキ300-103とミキ300-105
2008年4月1日に廃止された三木鉄道は、厄神駅(兵庫県加古川市)と三木駅(三木市)を結ぶ6.6kmの短い非電化路線だった。1916年に播州鉄道として開業し、1923年に播丹鉄道へ譲渡、その後1943年には国有化され、1985年に第3セクターへと転換された。
廃止前の三木駅で撮影したパノラマは、厄神行きのミキ300-103(124列車)と停車中のミキ300-105。木造の駅舎とミキ300-105の隣には貨物ホームが残っていた。三木鉄道を走っていた3両の気動車は廃止後、ミキ300-103はひたちなか海浜鉄道へ、ミキ300-104(→フラワ2000-3)は北条鉄道へ、ミキ300-105(→ハイモ295-617)は樽見鉄道へと譲渡された。

“三木鉄道” の続きを読む