江差線

江差線360度パノラマ バーチャル・ツアー
江差線(2014年5月12日廃止)の360度パノラマ バーチャル・ツアーです。サムネイルをクリックするとツアーが表示されます。初期表示が江差方向(江差駅は木古内方向)になります。パノラマ画面左上のプルダウンメニューで駅や場所を切り替えられます。iOSやAndroid端末でもご覧いただけます。
バーチャルツアーを表示する

以下は各駅ごとのパノラマで、江差駅→木古内駅の順で並んでいます。

江差駅
江差駅を出発する木古内行き(4175D)
江差線の終点(五稜郭駅から79.9km、木古内駅から42.1km)。駅は日本海より一段高い場所にある。中心街からも離れているのでひっそりとしている。風が吹く度に粉雪が舞って、駅の外へ出るととても寒かった。列車は木古内行き(4175D)。
360度パノラマを表示する [2013.3]

江差駅
江差駅に停車中の木古内行き(4177D)
夕暮れ時、折り返し木古内行きの列車(4177D)が停車中。
360度パノラマを表示する [2013.11]

上ノ国駅
上ノ国駅を発車する木古内行き(4175D)
木古内行きの列車(4175D)。江差 – 上ノ国駅で日本海に沿って走り、海から離れると途中駅で一番大きな上ノ国駅に着く。廃止まで北海道の最西端駅だった。
360度パノラマを表示する [2013.3]

中須田駅
中須田駅に到着した江差行き(122D)
車掌車を再利用した小さな駅でホームは奥にある。江差行き(122D)は2両でやって来た。
360度パノラマを表示する [2013.3]

桂岡駅
桂岡駅を発車する函館行き(125D)
車掌車を再利用した駅舎(待合室)は吉堀・桂岡・中須田の3駅あって、それぞれ色が違った。列車は函館行き(125D)。
360度パノラマを表示する [2013.3]

宮越駅
宮越駅に到着する江差行き(4174D)
雪が激しく降ってきたところに江差行きの列車(4174D)が到着。駅前には何も無く、集落は天野川を渡った先にある。
360度パノラマを表示する [2013.3]

湯ノ岱駅
湯ノ岱駅で交換する函館行き(123D)と江差行き(120D)
函館行き(123D)と江差行き(120D)の交換風景。毎朝2回だけ列車が行き違う湯ノ岱駅、廃止区間の途中駅では唯一の有人駅だ。湯ノ岱 – 江差間はスタフ閉塞のため、江差行きの列車に通票が手渡される。
360度パノラマを表示する [2013.3]

湯ノ岱駅
湯ノ岱駅でスタフが手渡される
函館行き(121D)と江差行き(4170D)、始発列車同士が湯ノ岱駅で交換する。江差行きの列車にスタフが手渡される。
360度パノラマを表示する [2013.11]

神明駅
神名駅に到着する木古内行き(4177D)
日暮れ前の神明駅に木古内行きの列車(4177D)がやって来た。辺りに民家は数件しかなく山の中にある。
360度パノラマを表示する [2013.3]

吉堀駅
吉堀駅を発車する函館行き(121D)
江差からの函館行き始発列車(121D)が険しい稲穂峠を下ってきた。3月といえど周囲はまだ雪深い。
360度パノラマを表示する [2013.3]

渡島鶴岡駅
渡島鶴岡駅を通過する江差行き(4170D)
木古内6:43発の江差行き始発列車(4170D)、渡島鶴岡と吉堀駅は通過する。駅前に小さな待合室がある。奥に見える町立小学校は廃校になっていた。
360度パノラマを表示する [2013.3]

木古内駅
朝の列車交換。江差行き(120D)と函館行き(121D)
江差線ホーム、朝の列車交換(120D/121D)風景。3月中旬の訪問だったが、隣のホームが見えないくらい雪壁が高く残っていた。
360度パノラマを表示する [2013.3]

木古内駅
2013年11月に撮影した木古内駅
江差行き(4174D)と函館行き(125D)。津軽海峡線ホームには新青森行きのスーパー白鳥34号。2-3番線の駅名板に見える知内駅も2014年3月で廃止となった。3月と比べると北海道新幹線の駅工事が進んでいる様子がわかる。
360度パノラマを表示する [2013.11]

津軽海峡線のパノラマはこちら
函館本線のパノラマはこちら