三江線

江津駅

江津駅に停車中の三江線キハ120-357
山陰本線と三江線が分岐する江津駅。2018年3月末で廃止される三江線(108.1km)は、江津駅(島根県江津市)から三次駅(広島県三次市)まで、江の川に沿った山間を走っている。江津、石見川本、浜原の3駅のパノラマを切り替えて表示できます。
360度パノラマを表示する [2016.4]

石見川本駅

三江線の石見川本駅に停車中のキハ120-357
浜原行きの列車(425D)は江津行きの列車と交換し20分ほど停車。駅の隣は高い堤防が続いている。沿線地域と三江線はたびたび江の川の水害に見舞われてきた。

浜原駅

三江線浜原駅で折り返すキハ120-357
山陰本線浜田発の列車(425D)は途中の浜原止まりで、折り返し江津行きになって長時間停車中。跨線橋の向こうにそびえていた三瓶山を眺めながら、2時間半後の三次行きを待った。
360度パノラマを表示する [2016.4]

山陰本線のパノラマはこちら
木次線のパノラマはこちら