茨城交通 キハ205

那珂湊駅 (♪1:14)

茨城交通時代の那珂湊駅で交換するキハ37100とキハ205
ひたちなか海浜鉄道(2008年4月)となる前、茨城交通時代のキハ205。キハ205は国鉄のキハ20 522で、キハ20のラストナンバー車だ。国鉄→JR西日本→水島臨海鉄道を経て1996年に茨城交通へやって来た。那珂湊駅の構内には国鉄色のキハ222(旧羽幌炭礦鉄道から移籍)、国鉄準急色のキハ2004(旧留萌鉄道から移籍)やロッド式のディーゼル機関車ケキ102の姿もあった。以下、キハ205の3パノラマを切り替えて表示できます。
360度パノラマを表示する [2007.9]

阿字ヶ浦駅 (♪2:13)

茨城交通時代の阿字ヶ浦駅にて。キハ205、キハ201、キハ221
勝田駅から14.3km、終着の阿字ヶ浦駅。構内にはキハ201(国鉄→鹿島臨海鉄道→茨城交通)とキハ221(羽幌炭礦鉄道→茨城交通)の廃車体が留置されていた。撮影後の2009年に解体された。キハ205のDMH17エンジン音を収録。[2007.9]

中根駅 (♪2:05)

茨城交通時代の中根駅を出発するキハ205
田んぼの中にぽつりとある中根駅。草むらにマイクを置いて、虫の音とキハ205の音を合わせて収録。[2007.9]