万葉線

高岡駅前 – 2015年1月
大雪の高岡駅前を行くデ7073
2014年3月に新しい駅ビル(クルン高岡)が完成。万葉線は100mほど路線が延長され、この場所にあった駅前電停は駅ビル1階へ移転した。
360度パノラマを表示する [2015.1]

変わりゆく高岡駅前 – 2013年1月
旧高岡駅前電停(MLRV1006)
北陸新幹線開業を前に周辺整備が進む高岡駅前。古い駅ビル「高岡ステーションデパート」も解体され電停の周囲だけ懐かしい雰囲気が残っていた。
360度パノラマを表示する [2013.1]

ドラえもんトラム (MLRV1005)
雪の日のドラえもんトラムMLRV1005
2012年9月から運行している「ドラえもんトラム」。2112年9月3日生まれのドラえもん、誕生100年前とのことだ。高岡市は藤子・F・不二雄の故郷でもある。大雪の日だったけれど、ドラえもん待ちの親子連れも数組乗り込んで人気だった。短い折り返しの間にサイドビューカメラに着いた雪を拭いて出発。
360度パノラマを表示する [2013.1]

アニマル電車 (デ7073)
旧高岡駅前電停に停車中のデ7073
大雪の高岡を走るネコ。正式な愛称は「アニマル電車」らしいけど、どこから見ても「ネコ電車」だと思う…(笑)
360度パノラマを表示する [2013.1]

終点の越ノ潟駅 (デ7073)
越ノ潟駅で折り返すデ7073
高岡駅から越ノ潟駅(射水市)を結ぶ万葉線(12.9km)。途中の六渡寺駅までが高岡軌道線(8.0km)で、そこから越ノ潟駅までは「鉄道」の新湊港線(4.9km)だが、ほとんどの列車は直通していて、そのまま路面電車の雰囲気だ。ここから隣接する越ノ潟フェリーに乗り換えることができる。
360度パノラマを表示する [2013.1]

富山県営渡船(越ノ潟フェリー) 越の潟発着場
越の潟発着場
もとは富山地方鉄道射水線(1980年廃線)が走っていた区間に富山新港が建設され、路線は東西に分断された。西側だった路線は加越能鉄道に譲渡され、これが現在の万葉線(新湊港線の区間)である。港で分断された区間には1966年11月から県営の渡船が運航されている。無料で利用でき2004年までは24時間体制で運航されていたそうだ。対岸の堀岡へは約770m、5分で着く。越ノ潟駅や渡船乗り場の奥に写っているが、2012年9月に新湊大橋が開通したので渡船の存続も長くないかもしれない。
360度パノラマを表示する [2013.1]

堀岡発着場
堀岡発着場
越ノ潟から乗った渡船はくるっと転回したと思ったら、あっという間に対岸の堀岡へ到着した。旅の者には何だか名残惜しいくらいの短さだが、地元の利用者はさっさと船を降りてゆく。越ノ潟は渡船「海竜」の船尾方向になる。
360度パノラマを表示する [2013.1]

北陸本線のパノラマ
氷見線のパノラマ
城端線のパノラマ