パノラマVR 路線一覧

更新
根室本線, 富山地鉄, 門司港駅, 長崎本線, 広島電鉄

“パノラマVR 路線一覧” の続きを読む

根室本線

滝川駅 – 釧路駅 (2429D) 360° Virtual Tour

根室本線(滝川駅 - 釧路駅)360度バーチャルツアー
運行時間が日本一長い、滝川発釧路行き(308.4km、8時間27分)の普通列車2429D。2016年2月に乗車、撮影した8駅の360度パノラマVRツアーです。画面上部にあるサムネイルでパノラマ(駅)を切り替えられます。
360度バーチャルツアーを表示する

“根室本線” の続きを読む

富山地方鉄道

西魚津駅 (本線)

富山地鉄と北陸本線
中滑川駅 – 新魚津駅間は、旧北陸本線(→あいの風とやま鉄道)滑川駅 – 魚津駅と並走していて、どちらに乗っても車窓が楽しい。地鉄の電車は越中中村駅を出ると早月川の鉄橋を渡り北陸本線と交差して西魚津駅に到着する。この先は電鉄黒部駅手前で再び北陸本線と交差するまで地鉄が海側を走る。宇奈月温泉行きの普通列車(14760形)が到着すると、金沢行きの特急「はくたか」が雪煙をあげて通過していった。
360度パノラマを表示する [2013.1]

“富山地方鉄道” の続きを読む

鹿児島本線 門司港駅

門司港駅

2012年8月の門司港駅
1914年に建てられた木造の駅舎は現役で重要文化財にも指定されている。当初はここが門司駅であったが、1942年に関門トンネルが開業し門司港駅となった。老朽化の進んだ駅舎は2012年9月から大規模な保存修理工事中で、現在は素屋根に覆われている。すべての工事を終えるのは2019年度中とのことだ。
門司港駅前はすぐ関門海峡。対岸の下関の町も見え関門汽船が運航する関門連絡船(片道400円)に乗れば5分ほど唐戸桟橋に着く。小さく写っている関門橋(道路橋)の向こうは壇ノ浦である。
360度パノラマを表示する [2012.8]
“鹿児島本線 門司港駅” の続きを読む

長崎本線

長崎駅

長崎駅に並ぶ特急[かもめ]885系と787系
日が暮れてヤードに照明が灯る。照明灯の向こうに夜景の名所、稲佐山(標高333メートル)が見える。長いプラットホームには博多行きの特急「かもめ」885系、787系と普通列車キハ66・67の姿。この風景が新幹線開業に向けてどう変わっていくのだろう。
360度パノラマを表示する [2012.8]
“長崎本線” の続きを読む

広島電鉄

広島港

広島港電停に並ぶ路面電車とGreen mover max
紙屋町で本線と分岐する宇品線の終点、広島港。Green mover max(5100形)の前で。屋根が高く開放的な電停に新旧、単行車・連接車、さまざまな路面電車が次々とやって来る。隣接する広島港旅客ターミナルからは近郊航路のほか、松山行きのフェリーも出ている。
360度パノラマを表示する [2012.8]

“広島電鉄” の続きを読む

東海道本線

美濃赤坂駅

美濃赤坂駅にて大垣行きの313系
大垣駅から分岐する東海道本線の支線(5.0km)の終着駅。始発の大垣から313系に乗ると2駅、7分ほどで到着する。木造駅舎が残っているが無人駅で、広い構内には錆びた側線が並んでいる。貨物ホーム奥側の線路は、近くの金生山で産出される石灰石を輸送する西濃鉄道の貨物線に続いていて1日数往復の貨物列車が走っている。長年削られてきた金生山の山容は東海道本線の車窓からもよく見える。
360度パノラマを表示する [2012.11]

土讃線

琴平駅

琴平駅に到着したサンライズ瀬戸
こんぴらさんに近い琴平駅に高松から延長運転された「サンライズ瀬戸」が到着。洋風建築の駅舎は耐震補強と改修工事中だった。
360度パノラマを表示する [2017.1]

“土讃線” の続きを読む

木次線

備後落合駅 (♪ 1:20)

備後落合駅を発車する「奥出雲おろち号」
出雲市駅からトロッコ列車「奥出雲おろち号」に揺られて3時間半、木次線の終着駅、備後落合に着いた。木次線は宍道駅(島根県松江市)と備後落合(広島県庄原市)を結ぶ81.9kmのローカル線である。中国山地を越えるため急勾配と急カーブが連続していて、途中の出雲坂根駅には3段スイッチバックが存在する。終点の備後落合駅で芸備線と接続しているが、両線とも陰陽連絡路線の役割はもはや無く1日数本ずつ列車が走るのみ。「奥出雲おろち号」で備後落合に着いた乗客は大半が折り返し列車へと戻り、残りの乗客は2番線の芸備線に乗り換えた。
パノラマ画面内の「サウンドボタン」をタップするとDE15 2558の汽笛・走行音を再生することができます。
360度パノラマを表示する [2012.8]

伯備線

伯耆大山駅 (♪ 1:35)

伯耆大山駅を発車するEF64 61
EF64が独特の甲高いブロワー音を響かせて発車するシーン。伯備線の貨物列車には勾配線区用のEF64のうち数少なくなった0番台車が2013年3月末まで運用についていた。山深くカーブも多い伯備線は最後の舞台にふさわしかったように思う。パノラマ画面内の「サウンドボタン」をタップすると走行音も再生することができます。
360度パノラマを表示する [2012.8]

EF64 18(勝沼ぶどう郷駅前にて静態保存)のパノラマ