佐世保線

佐世保駅

佐世保駅に並ぶ787系(BM-7/BM-8)特急みどり
肥前山口駅 – 佐世保駅間(44.8km)を結ぶ佐世保線の終着駅。JRの中では最西端に位置する駅になる。この日は台風が接近中で、博多行きの特急「みどり」は定刻で発車していたが、最西端の駅がある松浦鉄道は昼頃まで運休となってしまった。豪雨が弱まったところでパノラマを撮影し、路線バスで平戸へ向かうことにした。
360度パノラマを表示する [2013.8]

松浦鉄道のパノラマ
長崎本線のパノラマ

松浦鉄道

たびら平戸口駅

最西端たびら平戸口駅に停車中のMR-617
有田駅 – 佐世保駅を結ぶ(93.8km)松浦鉄道の、たびら平戸口駅(長崎県平戸市)は最西端に位置する駅だ。モノレールを含めれば沖縄県の「ゆいレール」が最南端・最西端ということになるが、それは別の機会にすることにして、佐世保から松浦鉄道に乗って最西端の駅に途中下車する予定だった…。ところが前日からの台風接近でこの日は始発から全線で運転見合わせ。雷雨の佐世保駅で予定変更、路線バス(西肥バス)でたびら平戸口駅を目指してみることにした。佐世保バスセンターから1時間20分ほどバスに揺られ平戸口桟橋バスターミナル(田平港)で下車、さらに10分ほど坂道を歩いてようやく最西端の駅にたどり着いた。列車はちょうど運転再開の頃でパノラマは何とか撮影できたけれど、平戸観光はまったくできなかったので再訪したい。
360度パノラマを表示する [2013.8]

稚内駅(最北端)のパノラマはこちら
東根室駅(最東端)のパノラマはこちら
西大山駅(最南端)のパノラマはこちら

鹿児島本線 門司港駅

門司港駅

2012年8月の門司港駅
1914年に建てられた木造の駅舎は現役で重要文化財にも指定されている。当初はここが門司駅であったが、1942年に関門トンネルが開業し門司港駅となった。老朽化の進んだ駅舎は2012年9月から大規模な保存修理工事中で、現在は素屋根に覆われている。すべての工事を終えるのは2019年度中とのことだ。
門司港駅前はすぐ関門海峡。対岸の下関の町も見え関門汽船が運航する関門連絡船(片道400円)に乗れば5分ほど唐戸桟橋に着く。小さく写っている関門橋(道路橋)の向こうは壇ノ浦である。
360度パノラマを表示する [2012.8]
“鹿児島本線 門司港駅” の続きを読む

長崎本線

長崎駅

長崎駅に並ぶ特急[かもめ]885系と787系
日が暮れてヤードに照明が灯る。照明灯の向こうに夜景の名所、稲佐山(標高333メートル)が見える。長いプラットホームには博多行きの特急「かもめ」885系、787系と普通列車キハ66・67の姿。この風景が新幹線開業に向けてどう変わっていくのだろう。
360度パノラマを表示する [2012.8]
“長崎本線” の続きを読む

平成筑豊鉄道

田川線 油須原駅

油須原駅を発車する412号
行橋駅 – 田川伊田駅間(26.3km)を結ぶ田川線。国鉄、JR九州から1989年に第3セクターへ転換した。筑豊地区で産出した石炭や石灰を苅田港方面へと貨物輸送していた名残りで構内がとても広い。ホームにはタブレット時代の通票受器も残っていた。
360度パノラマを表示する [2017.4]

南阿蘇鉄道

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅に到着するMT-3010形
2016年4月の熊本地震で大きな被害を受け全線運休中の南阿蘇鉄道。2014年夏に撮影したパノラマ。日本一長い駅名にあるように、周辺にはたくさんの水源(南阿蘇村湧水群)がある。水も空気も眺めも素晴らしい駅だった。
360度パノラマを表示する [2014.8]

“南阿蘇鉄道” の続きを読む

長崎電気軌道

浦上車庫
浦上車庫にて1050形・600形
長崎電気軌道の浦上車庫にて。許可をいただいて撮影しました。
引き込み線には1950・60年代製の車両が並び、古い石畳は機械油が染みこんでいる。本線と合流するあたりが浦上車庫前の電停だ。
元仙台市電の1051号(オレンジ帯)、元熊本市電の601号(青色)は主にイベント用で、当時の塗装に復元されている。車内外とも美しく大切に整備されている様子が伝わってくる。長崎の町を走る路面電車は2015年で開通100周年だ。
360度パノラマを表示する [2015.9]

大村線

千綿駅 (2015年9月)
千綿駅にてキハ66・67-110
大村湾の東岸に沿って走る大村線。目の前に大村湾が広がる千綿駅で2度目の途中下車。夕暮れ時の良いタイミングで国鉄色のキハ66・67がやって来た。
360度パノラマを表示する [2015.9]

千綿駅のパノラマは Jpano (日本のパノラマクリエイターの作品を紹介するサイト)に掲載されました。あわせてご覧ください!

“大村線” の続きを読む

日南線

志布志駅
日南線の終着、志布志駅
南宮崎駅から大隅半島の付け根まで伸びる日南線(88.9km)の終着駅。鹿児島県志布志市志布志町志布志2丁目にあって、果てしなく志布志が続いているように見える(笑)。構内の広い空き地がさびしい無人の終着駅になってしまったが、1987年3月までは日豊本線都城駅への志布志線と、鹿屋・垂水経由で日豊本線国分駅への大隅線が接続するターミナル駅だった。
この日は、前日までの台風の影響で予定変更、都城から路線バスに乗って志布志駅へ辿り着いた。バスの車窓からは旧志布志線の遺構もたくさん見えて、つくづく列車で周ってみたかったと思う。
360度パノラマを表示する [2013.9]

油津駅
日南線油津駅、台風一過の夕焼け空
乗り継ぎで途中下車した油津駅。巨大な携帯アンテナに視界を奪われてしまうけれど、日南線の駅前はヤシの木が伸びていることも多く南国に居ることを実感する。志布志から乗ってきた列車が折り返して行った。久しぶりの晴空、台風一過の夕焼けが心地よかった。
360度パノラマを表示する [2013.9]

日豊本線のパノラマこちら

鹿児島市電

谷山電停。600形(611)と2130形(2132)
路面電車最南端の谷山電停。600形と2130形が停車中
鹿児島市は路面電車が走っている最南の都市で、終点の谷山電停が最南端の電停になる。駅舎は河童のような形をしていてかわいい。正面にある「日本最南端の電停」と書かれた標柱は、2012年に開業100周年を迎えた際に設置されたそうだ。となりの線路は最南端の西大山駅がある指宿枕崎線。谷山電停とJR谷山駅は少し離れていて接続していない。
360度パノラマを表示する [2013.9]