石北本線

網走駅 (♪1:10)
網走駅を出発するオホーツク6号と釧網本線のキハ40‐729・キハ40-832
札幌行きの特急「オホーツク」と釧網本線のキハ40。2番線を出発した知床斜里行きと3番線に到着した釧網本線の普通列車は2016年3月ダイヤ改正で廃止されてしまった。
360度パノラマを表示する (♪1:10) [2016.2]

北見駅
キハ183-104先頭のオホーツク4号
たくさんの乗客が待つホームに札幌行きの特急「オホーツク」が到着。先頭は、中間車キハ184から改造されたキハ183-104、グリーン車もキロ182-9(半室グリーン車化されていないキロ182‐0番台、1両のみ残存)が連結された珍しい編成だった。
360度パノラマを表示する [2015.12]

生田原駅
生田原駅を発車するキハ40-826
夕方に遠軽駅と生田原駅の短区間を往復する列車。数人の乗客を降ろし、復路は回送列車で遠軽へと戻っていく。無人駅だが遠軽町(旧生田原町)の図書館・オホーツク文学館の建物内に駅の待合室も併設されている。
360度パノラマを表示する [2016.2]

金華駅
常紋峠を下ってきたキハ40が金華駅を発車する
生田原 – 西留辺蘂駅間にあった金華駅。2016年3月26日のダイヤ改正時に廃止され信号所となった。常紋峠を越える常紋トンネル(1914年開通)工事の際には非人道的な強制労働が行われ、駅近くに追悼碑が立っている。
360度パノラマを表示する [2016.2]

遠軽駅 (♪1:10)
遠軽駅に到着したオホーツク3号
100周年(1915年11月1日開業)を迎えた遠軽駅に網走行きの特急「オホーツク」が到着。駅弁「かにめし」もキヨスクも相次いで無くなってしまったが、駅そばは健在!
360度パノラマを表示する (♪1:10) [2016.2]

遠軽駅 (2013年)
遠軽駅を出発するオホーツク2号
こちらは2013年。北見駅から特急「オホーツク」に乗り、険しい常紋峠を越えて遠軽駅で下車。スイッチバック駅で列車の進行方向が変わるが、かつては名寄本線(1989年廃止)の線路が北側(跨線橋方向)に続いていた。オホーツク号の発車を見送ってから、駅前の岡村べんとう屋で「かにめし」を無事購入、普通列車に乗り換えて堪能した。
360度パノラマを表示する [2013.3]

白滝駅
白滝駅で折り返すキハ40-826
2016年3月で減便された遠軽駅へ折り返す普通列車。駅名板にある旭川方の上白滝駅、網走方の旧白滝駅、その次の下白滝駅も同時に廃止された。
360度パノラマを表示する [2015.12]

釧網本線のパノラマはこちら