札沼線

石狩月形駅
石狩月形駅で交換するキハ40
札幌駅(起点は隣の桑園駅) – 新十津川駅を結ぶ札沼線(76.5km)のうち、北海道医療大学駅までは2012年に電化され最大6両編成の電車が行き交っているが、以北は1両のキハ40が往復するローカル線だ。石狩月形駅 – 新十津川駅間はスタフ閉塞式で、この駅で列車交換。3月中旬でもずいぶんと雪深かく雪壁に囲まれていた。
360度パノラマを表示する [2013.3]

新十津川駅
新十津川駅を出発するキハ40
浦臼駅以北はさらに列車の本数が減って朝昼夕の3往復しか無い。朝の下り列車に乗って雪の終着駅へ。1889年奈良県十津川郷一帯に壊滅的被害を与えた十津川大水害の被災者が移住開拓したのが新十津川村(現在 新十津川町)である。
今は学園都市線の愛称がついているが、1972年の区間廃止前はここから留萌本線石狩沼田駅まで(34.9km)線路が続いていて札幌と沼田を結ぶ札沼線であった。このあと折り返し列車には乗らず路線バスに乗り換えて函館本線の滝川駅へ向かった。駅前の通りを北(左)へ進むと新十津川町役場があり、そこから中央バス滝川ターミナル(←滝川駅前にある)方面へのバスが出ている。
360度パノラマを表示する [2013.3]