土佐くろしお鉄道

宿毛駅 (中村・宿毛線)
中村・宿毛線の終着、宿毛駅にて。TKT8000形と2000系
土讃線窪川駅から延びる中村・宿毛線の終着駅。中村線は窪川駅 – 中村駅間で国鉄(のちJR)中村線(43.0km)を引き継いだ路線、1997年に開業した中村駅 – 宿毛駅間が宿毛線(23.6km)だが、もとは予讃線宇和島駅と中村駅とを結ぶ構想だったため宿毛線の起点は宿毛駅になる。2005年には特急列車が衝突事故を起こしたが、その関係か列車は駅手前からずいぶんと減速して到着した。時間がなかったので折り返しの特急「南風」でとんぼ返りになってしまったが、いつか大分県佐伯行きのフェリーで九州へ渡るか、宿毛線の未成区間を宇和島駅まで路線バスに乗って移動してみたい(逆ルートでも良さそう・笑)。
360度パノラマを表示する [2011.9]

奈半利駅 (ごめん・なはり線)
ごめん・なはり線の終着、奈半利駅にて。9640形
ごめん・なはり線(阿佐線)の終着駅。土讃線と接続する後免駅から奈半利駅まで全20駅42.7km、土佐湾に沿うように走る。国鉄の財政悪化や工事中断を経て、2002年に開業した新しいローカル線で、車両(9640形4)には10周年を記念する帯が貼られていた。奈半利から先は、室戸を経て徳島方面の牟岐線へと繋ぐ計画だった阿佐線。このあと未成線となった区間を路線バスに乗り換えて、阿佐海岸鉄道の甲浦駅へ移動した。
360度パノラマを表示する [2012.10]