ことでん

琴電琴平駅

ことでん100周年記念ラッピング電車「ことちゃんひやく号」
金比羅山の麓、琴電琴平駅にて。2011年で開業100周年を迎えた、ことでん100周年記念ラッピング電車「ことちゃんひやく号」。車両の1200形(1203F)は元京急の700形で、ことでんは四国で唯一の標準軌の路線でもある。
360度パノラマを表示する [2011.9]

土讃線のパノラマ

箱根登山鉄道

箱根湯本駅前 (80‰勾配)

箱根湯本駅前の80‰急勾配を駆け上がるモハ2形・モハ1形
小田原(標高26m) – 強羅(標高553m)の15kmを結んでいる箱根登山鉄道。小田原 – 箱根湯本間(標高108m)は小田急線の車両で運行されていて、本格的な山岳区間は箱根湯本 – 強羅間である。その途中3カ所にスイッチバックが設けられていて最大勾配は80‰、これは一般的な鉄道(粘着式鉄道)の中では最急勾配だ。箱根湯本駅前では80‰の急坂を間近に見ることができる。
360度パノラマを表示する [2011.2]

小田急ロマンスカーのパノラマはこちら

小田急 ロマンスカー

ロマンスカー LSE(7000形)

酒匂川を渡るロマンスカーLSE「はこね」
酒匂川(開成 – 新松田)を渡る新宿行きロマンスカーLSE「はこね」。鉄橋通過時には連接車特有の走行音が大きく聴こえてくる。HiSEに準じたリニューアルカラーで走っていたころ。
360度パノラマを表示する [2011.8]

“小田急 ロマンスカー” の続きを読む

くま川鉄道

湯前駅 KUMA2(KT-103)

くま川鉄道湯前駅に停車中のKUMA2(KT-103)
くま川鉄道は旧国鉄湯前線を引き継いだ路線で、球磨川上流部に沿うように人吉温泉駅(JR人吉駅) – 湯前駅間(24.8km)を結んでいる。この日は肥薩線で鹿児島方面へ向かう予定も大雨で人吉駅から先の山岳区間が運休、八代へ引き返すしか手段がなくなってしまった…。折り返し列車の時間までに、くま川鉄道を往復できたので、水戸岡デザインの気動車 KUMA2(KT-103) に乗って終点まで。雨のピークは過ぎていたけれど、車窓から見えた球磨川の増水は恐ろしいほどだった。
360度パノラマを表示する [2013.9]

松浦鉄道

たびら平戸口駅

最西端たびら平戸口駅に停車中のMR-617
有田駅 – 佐世保駅を結ぶ(93.8km)松浦鉄道の、たびら平戸口駅(長崎県平戸市)は最西端に位置する駅だ。モノレールを含めれば沖縄県の「ゆいレール」が最南端・最西端ということになるが、それは別の機会にすることにして、佐世保から松浦鉄道に乗って最西端の駅に途中下車する予定だった…。ところが前日からの台風接近でこの日は始発から全線で運転見合わせ。雷雨の佐世保駅で予定変更、路線バス(西肥バス)でたびら平戸口駅を目指してみることにした。佐世保バスセンターから1時間20分ほどバスに揺られ平戸口桟橋バスターミナル(田平港)で下車、さらに10分ほど坂道を歩いてようやく最西端の駅にたどり着いた。列車はちょうど運転再開の頃でパノラマは何とか撮影できたけれど、平戸観光はまったくできなかったので再訪したい。
360度パノラマを表示する [2013.8]

稚内駅(最北端)のパノラマはこちら
東根室駅(最東端)のパノラマはこちら
西大山駅(最南端)のパノラマはこちら

富山地方鉄道

西魚津駅 (本線)

富山地鉄と北陸本線
中滑川駅 – 新魚津駅間は、旧北陸本線(→あいの風とやま鉄道)滑川駅 – 魚津駅と並走していて、どちらに乗っても車窓が楽しい。地鉄の電車は越中中村駅を出ると早月川の鉄橋を渡り北陸本線と交差して西魚津駅に到着する。この先は電鉄黒部駅手前で再び北陸本線と交差するまで地鉄が海側を走る。宇奈月温泉行きの普通列車(14760形)が到着すると、金沢行きの特急「はくたか」が雪煙をあげて通過していった。
360度パノラマを表示する [2013.1]

“富山地方鉄道” の続きを読む

広島電鉄

広島港

広島港電停に並ぶ路面電車とGreen mover max
紙屋町で本線と分岐する宇品線の終点、広島港。Green mover max(5100形)の前で。屋根が高く開放的な電停に新旧、単行車・連接車、さまざまな路面電車が次々とやって来る。隣接する広島港旅客ターミナルからは近郊航路のほか、松山行きのフェリーも出ている。
360度パノラマを表示する [2012.8]

“広島電鉄” の続きを読む

長野電鉄

長野駅 (2000系D編成)

長野駅にて2000系D編成
1957年 – 1964年に4編成製造された長野電鉄の特急形車両2000系。そのうち最後まで残っていたのが「りんごカラー」のD編成だったが、となりに停車している2100系「スノーモンキー」(JR東日本253系 成田エクスプレス)が導入され新旧交替。丸っこいデザインに「SHIGA KOGEN」のヘッドマーク、ツートンの「りんごカラー」は春夏秋冬の沿線風景にとてもよく似合っていたと思う。
360度パノラマを表示する [2011.11]

“長野電鉄” の続きを読む

長野電鉄 屋代線

長野電鉄屋代線 360° Virtual Tour

屋代線360度バーチャルツアー
2012年4月1日に廃止された長野電鉄屋代線。屋代駅 – 須坂駅間(全13駅、20シーン)の360度パノラマツアーです。パノラマVR画面の上部にある「サムネイル」や左右にある「ボタン」で風景を切り替えられます。「サウンドボタン」のあるパノラマは同時に収録した走行音も再生することができます。
360度バーチャルツアーを表示する

“長野電鉄 屋代線” の続きを読む

由利高原鉄道

前郷駅

前郷駅のタブレット交換風景
国鉄矢島線を引き継いだ由利高原鉄道 鳥海山ろく線。羽後本荘駅 – 矢島駅(23.0km)を結ぶ路線で、前郷駅 – 矢島駅間はタブレット閉塞が残っている。羽後本荘行きがYR-3002(赤)で、到着した矢島行きYR-3001(緑)のスタフとタブレットを交換するところ。
360度パノラマを表示する [2017.3]