新幹線総合車両センターの静態保存機

板谷峠の勾配用に開発されたEF71とED75の先行試作車、1号機。
新幹線総合車両センターの静態保存機

クリックすると360度パノラマが表示されます (iOS対応) ↑
仙台近郊の利府町にあるJR東日本の新幹線総合車両センター。広大な車両基地の片隅に、新幹線車両や交流電気機関車、蒸気機関車が静態保存されている。機関車はEF71 1から右回りにD51 1108、C58 365、ED75 1、ED91 21、ED71 1(その他にもED78 1、ED71 1、C11 351が並べられている)。どれも東北にゆかりのある機関車で、特に交流電気機関車は東北地方の電化とともに活躍してきた機関車ばかり。これ以上車体の腐食が進まないように屋根などつけられないものだろうか…。
(2010年6月撮影)