日南線

志布志駅
日南線の終着、志布志駅
南宮崎駅から大隅半島の付け根まで伸びる日南線(88.9km)の終着駅。鹿児島県志布志市志布志町志布志2丁目にあって、果てしなく志布志が続いているように見える(笑)。構内の広い空き地がさびしい無人の終着駅になってしまったが、1987年3月までは日豊本線都城駅への志布志線と、鹿屋・垂水経由で日豊本線国分駅への大隅線が接続するターミナル駅だった。
この日は、前日までの台風の影響で予定変更、都城から路線バスに乗って志布志駅へ辿り着いた。バスの車窓からは旧志布志線の遺構もたくさん見えて、つくづく列車で周ってみたかったと思う。
360度パノラマを表示する [2013.9]

油津駅
日南線油津駅、台風一過の夕焼け空
乗り継ぎで途中下車した油津駅。巨大な携帯アンテナに視界を奪われてしまうけれど、日南線の駅前はヤシの木が伸びていることも多く南国に居ることを実感する。志布志から乗ってきた列車が折り返して行った。久しぶりの晴空、台風一過の夕焼けが心地よかった。
360度パノラマを表示する [2013.9]

日豊本線のパノラマこちら