糸魚川駅 (2007 – 2015)

糸魚川駅 360° Virtual Tour

糸魚川駅(2007→2015)360度バーチャルツアー
2007年3月から2015年1月に撮影した糸魚川駅の360度パノラマVRツアーです。かつてあったレンガ車庫や北陸本線の特急列車、大糸線のキハ52(115,125,156)など北陸新幹線開業前までの遷り変りです。画面上部の「サムネイル」や左右の「ボタン」で風景の切り替え、「サウンドボタン」のあるパノラマは走行音も再生することができます。
360度バーチャルツアーを表示する

以下は個別のパノラマとキャプションです。

糸魚川駅 – 2015年1月

糸魚川駅に到着する681系特急はくたか
北陸新幹線開業前、最後の年末年始。正月のUターンラッシュで越後湯沢・東京方面の「はくたか」は超満員。キハ52-156は国鉄色に塗り替えられて高架下の保存スペースへ。
360度パノラマを表示する [2015.1]

糸魚川駅 – 2013年4月

北陸本線全線開通100周年の記念ポスター
米原 – 直江津間(356.5km)が全線開通してから100周年を迎えた2013年4月の駅風景。
360度パノラマを表示する [2013.4]

糸魚川駅 – 2013年1月

大糸線キハ130と特急はくたか
レンガ車庫も大糸線を走っていたキハ52も姿を消して、広かった駅構内に北陸新幹線の高架駅工事が進む。
360度パノラマを表示する [2013.1]

糸魚川駅前 – 2013年1月

2013年1月の糸魚川駅前風景
在来線の奥に北陸新幹線の高架駅が姿をあらわし、駅前風景も大きく変わろうとしていた。奴奈川姫の像の前で。
360度パノラマを表示する [2013.1]

糸魚川駅 – 2010年1月

大糸線キハ52-125と特急はくたか
大雪の日。大糸北線は運休、「はくたか」も大幅遅れで到着した。この頃、北陸新幹線の橋脚は駅構内まで伸びてきていて、100年近く現役で使われ続けたレンガ車庫は同年夏に取り壊された。(同じ大雪の日に撮影した魚津駅のパノラマがこちらで、直江津行きだったが糸魚川で運転打ち切りとなってしまった。)
360度パノラマを表示する [2010.1]

糸魚川駅 – 2008年1月 (♪2:30)

大糸線糸魚川駅に停車中のキハ52-115
キハ52-115を「大糸線全線開通50周年」案内板の前で。下り方面は越後湯沢行きの特急「はくたか」13号。構内にはDE10-1598とキハ52-125の姿、レンガ車庫内にキハ52-156が休んでいた。DMH17Hのアイドリング音を長めに収録(最初に「はくたか」12号が通過するので音量にご注意を)。
360度パノラマを表示する (♪2:30) [2008.1]

糸魚川駅 – 2007年3月 (♪2:31)

糸魚川駅を発車するキハ52-156
赤レンガ車庫と大糸線を走っていた3両のキハ52(115,125,156)と金沢行きの特急「はくたか」4号。キハ52は2010年、北陸本線の419系は2011年に引退した。ホームに停車中のキハ52-156は現在糸魚川駅で静態保存されている。
360度パノラマを表示する (♪2:31) [2007.3]

北陸本線のパノラマ
大糸線のパノラマ