北陸本線

倶利伽羅駅

倶利伽羅駅を発車する475系
石川・富山県境の倶利伽羅峠。駅は石川県側にあり、北陸新幹線開業後は「IRいしかわ鉄道」と「あいの風とやま鉄道」の境界駅となった。
360度パノラマを表示する [2014.3]

高岡駅 – 2015年1月

大雪の高岡駅を発着する681系と475系
大雪の日。遅れていた金沢行きの「はくたか」を待つ475系。城端線側にはDD15-13の姿も。
360度パノラマを表示する [2015.1]

高岡駅 – 2009年12月 (♪1:00)

「はくたか」代走の489系H02編成
この日は681・683系の代走で489系(H02編成)の「はくたか」だった。駅の橋上化工事中の頃で、まだ古いステーションビルも残っていた。489系の走行音も収録。
360度パノラマを表示する (♪1:00) [2009.12]

高岡駅 – 2010年8月

高岡駅にて419系と681系
大阪行の「サンダーバード」を先に譲る、金沢行きの普通列車(419系D15編成)。
360度パノラマを表示する [2010.8]

富山駅

富山駅で並ぶ475系とサンダーバード
到着した「サンダーバード」と急行形475系が並ぶ。南側(2番線側)では新幹線駅の工事が進んでいる。
360度パノラマを表示する [2012.2]

富山駅 – 2009年12月 (♪1:27)

北陸本線の419系と高山本線のキハ58
2011年3月に引退した419系(D01編成)と高山本線のキハ58(キハ28-2360+キハ58-477)。駅は北陸新幹線開業に向けた高架化工事中のころ。DMH17Hアイドリング音も収録。
360度パノラマを表示する (♪1:27) [2009.12]

魚津駅

魚津駅にて485系・419系・475系
大雪の影響で、乗車中だった直江津行きの列車(419系D12編成)は先に進めなくなり長時間停車。隣の新潟行き「北越」1号も運転打ち切りになったようだ。上り列車(475系A03+A09編成)も大幅に遅れていて雪まみれ。
360度パノラマを表示する [2010.1]

糸魚川駅 360° Virtual Tour

糸魚川駅(2007→2015)360度バーチャルツアー
2007年3月から2015年1月の撮影分を360度パノラマVRツアーにまとめました。画面上部の「サムネイル」や左右の「ボタン」で風景を切り替えられます。糸魚川駅の各パノラマはこちらをご覧ください。
360度バーチャルツアーを表示する

市振駅

市振駅を発車する475系A19編成
新潟県西端の駅で富山県境が近い。東側は親不知の険しい海岸線が続いていて北陸本線の中でも特に閑散とした区間だ。北陸新幹線開業(2015年3月14日)後は「えちごトキめき鉄道」と「あいの風とやま鉄道」の境界駅となった。
360度パノラマを表示する [2014.1]

直江津駅

北陸本線475系A19編成・信越本線115系N22編成
北陸本線の終点。長野行きの信越本線と富山行きの北陸本線の普通列車が並ぶ姿も新幹線開業まで。
360度パノラマを表示する [2014.1]

信越本線のパノラマ
城端線のパノラマ
氷見線のパノラマ
万葉線のパノラマ
大糸線のパノラマ
糸魚川駅のパノラマ