寝台特急 北陸

2010年3月13日のダイヤ改正で廃止された寝台特急「北陸」。上野駅13番線に響いたEF64 1052の汽笛

上野駅13番線を出発する寝台特急北陸
♪ EF64 走行音あり (4:25) ↑ (音量に注意して下さい)
上野(23:03発) – 金沢(6:26着)を運行していた寝台特急「北陸」。上野 – 長岡間はEF64 1000番台、長岡 – 金沢間は EF81 が牽引、14系寝台客車は短い8両編成でプラットホームを持て余し気味に停車していた。23時を過ぎて人気のない上野駅13番線に発車ベルが長く鳴り響く。やがて客車のドアが閉まるとロクヨンの甲高いブロワー音。珍しく出発時に汽笛を鳴らし、ゆっくりと動き出した寝台特急「北陸」。いつも騒々しかった14系客車の電源エンジンもその音が聴けなくなるのは寂しい。上野駅13番線からまたひとつ夜行列車が消えていった。
(2009年9月撮影)

ソロ車内 (スハネ14-752)

寝台特急北陸ソロ(スハネ14-752)車内のパノラマ
クリックすると360度パノラマが表示されます ↑
こちらは金沢から乗車した上り列車でのひとコマ。強風により深夜の信越本線直江津〜柏崎間で運転を見合わせたため、翌朝大幅に遅れて高崎駅に到着した北陸号。先を急ぐ乗客は高崎駅で上越新幹線へ乗り換えが案内され、誰も居なくなってしまった車内にて。すっかりラッシュ時間帯にズレこんで寝台特急の出発は後まわし(苦笑)、次々と来る通勤列車を先行させるために高崎線の本庄駅で臨時停車。結局、上野には3時間強遅れて9時半ころに到着。思いがけずたっぷり長寝して(笑)北陸号最後の旅が終わった。
(2009年12月撮影)