紀州鉄道

キハ603 (♪2:00 DMH17アイドリング音)
キハ603。御坊駅0番線で聴こえたDMH17サウンド
和歌山県御坊市を走る紀州鉄道は、紀勢本線と接続する御坊駅と西御坊駅を結ぶ全長わずか2.7kmの非電化路線だ。キハ603は1960年新潟鐵工所製の車両で、1975年に廃止された大分交通耶馬渓(やばけい)線から転入した。床下排気のDMH17Bエンジン、バス窓が並ぶ車体側面、板敷きの車内に白熱灯、キハ603は最後まで残った古典的な気動車だった。製造から49年、紀州鉄道で34年間活躍し2009年10月に引退した。
360度パノラマを表示する (♪2:00) [2009.10]

“紀州鉄道” の続きを読む

宇野線

宇野駅
宇野駅で並ぶ115系D-10編成とD-03編成
岡山駅 – 宇野駅間を結ぶ宇野線(32.8km)。途中の茶屋町駅で瀬戸大橋線(本四備讃線)と分岐し、宇野駅までは列車の本数も少なくなる。1988年4月の瀬戸大橋開業まで本四連絡の玄関口としてにぎわった宇野駅だが、宇高連絡船廃止後は駅舎移転や駅前の再開発を経て現在の姿に。広かった駅構内は整理され1面2線の小さな終着駅となった。
360度パノラマを表示する [2014.8]

越美北線

九頭竜湖駅
九頭竜湖駅に停車中の首都圏色キハ120-201。
福井駅のとなり、越前花堂駅から九頭竜湖駅間(52.5km)を走る越美北線。もとは岐阜県側の越美南線(長良川鉄道)と結ぶ計画だったが実現せず、県境の九頭竜湖駅 – 北濃駅間(約24km)は未成線となった。春先の終着駅は大雨で、駅前もひっそりとしていた。
360度パノラマを表示する [2014.3]

紀勢本線

亀山駅
紀勢本線新宮行きのキハ40(335D)
紀勢本線(384.2km)の起点駅。亀山 – 新宮間はJR東海エリアで非電化区間だ。発車を待つ紀勢本線の普通列車キハ40、終点の新宮駅までは4時間半強の道のりだ。隣のホームは関西本線で、JR東海とJR西日本の境界駅でもある。
360度パノラマを表示する [2015.4]

“紀勢本線” の続きを読む

福井鉄道

越前武生駅
越前武生駅で並ぶ200形
福井鉄道福武線は越前武生駅と福井駅前・田原町間を結ぶ21.4kmの路線で、福井駅前周辺は併用軌道になっている。車両は名鉄で使われていた路面電車が中心だが、朝夕のラッシュ時には旧来の鉄道車両も運行されている。ホームに停車中の200形は旧福鉄標準色(右)の201編成が1960年、福鉄急行色(左)の203編成が1962年に製造された福井鉄道発注の車両、奥は名古屋市交通局名城線の1200形を改造した610形で、乗降用にドア開閉と連動する折りたたみ式のステップが装着されている。
360度パノラマを表示する [2012.2]

“福井鉄道” の続きを読む

万葉線

高岡駅前 – 2015年1月
大雪の高岡駅前を行くデ7073
2014年3月に新しい駅ビル(クルン高岡)が完成。万葉線は100mほど路線が延長され、この場所にあった駅前電停は駅ビル1階へ移転した。
360度パノラマを表示する [2015.1]

“万葉線” の続きを読む

城端線

城端駅
城端線の終着駅、城端駅
“城端線” の続きを読む

氷見線

氷見駅
城端駅
“氷見線” の続きを読む

関西本線

奈良駅

奈良駅にて大和路線201系と奈良線103系
奈良駅高架化工事中の頃の一枚。大和路線(加茂駅 – JR難波駅)の201系と京都へ向かう奈良線の103系が並んだ。
360度パノラマを表示する [2009.10]

“関西本線” の続きを読む

京阪電車 浜大津駅

浜大津駅前
電車が行き交う浜大津駅前の交差点
京津線(御陵 – 浜大津)と石山坂本線(石山寺 – 坂本)の電車が自動車とともに路面を行き交う浜大津駅前。京津線の列車は駅前で直角に折れ、そのまま急勾配を駆け上がっていく。併用軌道は次の上栄町駅手前で終わるが、その先の上栄町駅 – 大谷駅間には最大61‰もの急勾配と急曲線が続き東海道の難所を越えていく。
360度パノラマを表示する [2010.12]